オフィス移転するときの不動産会社の選び方

不動産会社の選び方

居住用の物件と違い、まだまだオフィス賃貸の物件が網羅されているようなインターネットサイトは多くありません。掲載されていても、物件が空いているかどうか、賃料はいくらなのかがわからなかったりすることが多く、不動産会社に直接相談するのがほとんどです。

また、その不動産会社は住宅を取り扱っている不動産会社とは違う、あるいは対応する部署が違うのが現状です。

不動産会社を選ぶときには、オフィスのサイズとエリアによって取り扱い物件に違いがある点を認識しておきましょう。

広い区画の場合には、大手のデベロッパーがビルオーナーとして直接営業を行っていることが多く、結局はそこを通すことになります。一方で100坪以下になると、オフィス賃貸に強い仲介会社に相談し、広く探索してもらう方がより多くの物件にアプローチできます。

また、仲介会社やその支店ごとに強いエリアがあり、そこを見つけ出すのも他にない情報を得るための手段です。とくに特定のエリアが強いところであれば、ビルオーナーさんと日々コミュニケーションを取っているので、その会社でしか知らないような物件情報を持っていることもあります。

ただ、誰にでもオフィスを貸してくれるわけではありません。ビルオーナーと話をするときには会社間の契約になるので、信用が大事。ベンチャーであればなおさらなので、マナーや印象には気をつけたいところです。

いずれもインターネットで物件情報は集められますが、住宅よりは情報の流通が少ないので、複数の不動産会社に聞くのが実情です。

>>まずはおうちのアドバイザーに相談してみよう!


仲介会社の見分け方

ビルオーナーではなく、仲介会社にオフィスビル探しを依頼する場合には仲介手数料額が異なります。仲介会社がビルの管理会社を兼ねている場合や、専任で仲介を任されている場合など、仲介会社の立ち位置によっても仲介手数料が変わってきます。最初に仲介手数料について説明を聞いておくといいでしょう。

また、仲介会社に要望をお願いすると、複数の物件の「一覧表」と「写真と図面」を送ってくれるのが一般的です。この依頼に対する対応の速さも非常に重要です。

東京23区のオフィス移転ならベンチャーオフィス

スタートアップ、ベンチャー企業様へ。あなたの会社の成長をサポートします。 賃貸オフィス・シェアオフィスを東京23区を中心にご紹介。