レンタルオフィス、シェアオフィス、コ・ワーキングスペースという新しいオフィスの活用

レンタルオフィス、シェアオフィス、コ・ワーキングスペースの活用

場合によってはレンタルオフィスシェアオフィスコ・ワーキングスペースという選択肢も。

オフィスビルの賃貸借契約は面倒が多く、また審査があるので立ち上げ直後の会社の場合は入居できない可能性があります。また、解約するにも解約予告を数か月前に提出する必要があり、自由に使える代わりに制約もあります。

一方で、レンタルオフィスなどは申込後すぐに入居が可能で、またいつでも好きなタイミングで解約することができます

また、駅近や都心の一等地にあることが多く、内装にこだわり、サービスを充実させている場所も多いので、来客対応や従業員のモチベーションアップにも効果が期待できます。最近では大企業の一部の機能や部門を切り出してコ・ワーキングスペースを利用する事例もあります。事業展開が見えたところで考えてみても。

ただし、コストが意外にかかるので、きちんと計算してから決めましょう。

イニシャルコストは通常のオフィスを借りる場合の方が圧倒的に高く、賃料はもちろん、光熱費、通信環境、その他什器備品など結構なコストになります。レンタルオフィスなどであればそれらは全て揃っているので初期投資を抑えるには効果的です。

しかしながら、先述したように駅近や都内の一等地にあることもあり、坪単価に換算した場合の月額賃料は通常のオフィスよりは割高です。軌道に乗るまで、増員するまでという一時的な利用には向いていますが、長く利用していると結果的に高くなるので注意が必要です。

>レンタルオフィス、シェアオフィス、コ・ワーキングスペースとは


個室が欲しいなら、断然レンタルオフィス!

個別の扉と鍵で区切られているものがレンタルオフィスで、サービスオフィスとも呼びます。机や椅子、Wifi環境などオフィスに必要なものがあらかじめ用意されており、入居後すぐに仕事ができる環境が整えられています。個室でセキュリティが確保されているので、弁護士事務所や保険代理店など、個人情報や機密情報を取り扱う業種はレンタルオフィスが向いています。


シェアオフィスとコ・ワーキングスペースの違いは?

オフィス環境としてはレンタルオフィスのように整えられていますが、個室はなくフリーアドレス形式のオフィスです。複数の利用者で同じ空間を仕事場として共有するという意味では、シェアオフィスとコワーキングスペースとの明確な線引きはありません。両者の違いは、シェアオフィスがどちらかというと仕事の場であるのに対し、コワーキングスペースは利用者同士が交流を図り、コミュニティを形成することを目的としているところです。

レンタルオフィスよりも安い家賃設定のところが多いですが、デメリットとしてはセキュリティ面に注意が必要な点と、場所によっては法人登記ができないことがある点が挙げられます。

>コ・ワーキングスペース一覧

東京23区のオフィス移転ならベンチャーオフィス

スタートアップ、ベンチャー企業様へ。あなたの会社の成長をサポートします。 賃貸オフィス・シェアオフィスを東京23区を中心にご紹介。