意外とお得??居抜きオフィスとは?

居抜きオフィスとは

飲食店では多く見られる「居抜き」前のテナントの内装や造作をそのまま継承することをいい、オフィスでもこの居抜き物件があります。

居抜きでの移転はオフィスビルオーナーとの合意が必須条件で、その上で居抜きで入りたいテナントが居抜きで出たいテナントの現内装デザインを受け入れ、賃料、広さなどの諸条件もOKという状態にならないと実現されません。

さらに、一般的には移転先のオフィスが見つかってから居抜きでの入居希望テナントを探すことになるので、そこから退去までに次のテナントを見つけなければならず、タイムリミットは長くはありません。ビルオーナーの立場としては空室期間をできるだけ短くしたいので、退去までに決まらない場合は原状回復を希望することがほとんどです。

以上の状況が、居抜き物件の数が少なく、難易度が高い理由となっています。

稀に、ビルオーナーが移転にコストを掛けたくないベンチャー企業の支援をする意向で、居抜きに寛容、もしくはビルオーナー側が家具や内装をセットアップした状態で募集するオフィスもあります。


居抜きのメリットデメリット

メリット

メリットはなんといっても内装工事費、原状回復費の削減です。入居側、退去側ともにこの工事費用の削減が最も大きく、完全にゼロにはできないものの、大幅なコストカットが見込めます。ただ、次回退去時には同様に居抜きで入居するテナントを見つけない限り原状回復が必要になり、前テナントが残した内装や造作の撤去が高額になることもありますので、注意が必要です。

内装工事が必要ないことによって、コストに加えて入居までの期間も短くなるメリットがあります。必要な工事や家具を手配すればすぐにでも入居可能になります。

デメリット

デメリットとしては、希望する内装を完全に実現することができないことでしょう。引き継ぐ設備やオフィス家具が古い場合には修繕や廃棄が必要になることも考えられます。あまりないケースかも知れませんが、リース契約のものを継承してしまうこともありえます。切り分けられるものであれば、一部は継承しないという契約にするのも一つの手です。

また、メリットの部分で前述した退去時の原状回復費用についても注意が必要です。

東京23区のオフィス移転ならベンチャーオフィス

スタートアップ、ベンチャー企業様へ。あなたの会社の成長をサポートします。 賃貸オフィス・シェアオフィスを東京23区を中心にご紹介。